北海道GIS・GPS研究会の概要

バー

【設立趣旨】

 米国もかつては、現在の我が国同様に、莫大な財政赤字と銀行の不良債権に苦悩しておりましたが、地理情報システム(GIS)・衛星測位システム(GPS)を連邦政府、州政府、市町村レベルまで徹底した導入により行財政改革を達成し、更に民間企業への導入によりイントラネットワーク効果により、我が国企業より2倍の効率的経営を達成しました。有史以来の北海道危機を解決するためには、行政はもとより民間企業においても早急の導入が急務と思います。しかし、我が国の政府、北海道の行政及び民間企業において、GIS・GPSに対する認識は不充分であり、技術向上が不可欠となっています。また、通産省の補正予算でGIS・GPS技術向上助成(30億円)が認められており、今後各省庁より本格的な予算要求がなされると思われますので、北海道においても、これに対応する体制の整備が急務となっております。そこで、この度北海道産学官研究フォーラムの地域環境部会に「北海道GIS・GPS研究会」を設立いたしまして、GIS・GPS技術の習得・研究並びに政府、道、市町村、あらゆる産業に普及推進を図りたいと思っております。皆様方の積極的な御参加を期待致します。

〈名 称〉北海道GIS・GPS研究会
〈代表者〉
会長 山村 悦夫氏 (北海道大学名誉教授、地理情報システム学会会長)
〈設 立〉
平成10年10月
〈所在地〉
北海道産学官研究フォーラム内
 〒007-0803 札幌市東区東苗穂3条1丁目2-7-105
 TEL 011-787-7650 FAX 011-787-7655 ホームページ・アドレス
  http://www.kirari.com/sangaku/

〈事業活動〉

  1. GIS・GPSに関するセミナー、講演会等の実施
  2. GIS・GPSに関するデモ・講習会の実施
  3. ホームページによるGIS・GPS最新情報の提供(会員専用情報もあり)
  4. 助成事業に関する研究コンソーシアムの形成
  5. 道内自治体、研究機間、企業へのアンケート調査の実施
  6. 道内外視察研修
  7. GIS・GPS導入等の各種事業の実施

〈会員の特典〉

  1. 年間を通して開催されるセミナー・講習会に無料・もしくは会員優待会費で参加できます。
  2. GIS・GPSに関する資料・情報サービスの提供。
  3. 産学官研究フォーラムのFAX情報サービスの提供。(毎月)
  4. 年一回の活動報告書の発行。
  5. ホームページ内にGIS・GPSに関する会員専用情報開設。(パスワード有り)
  6. 会員相互の交流促進とコンソーシアム形成コーディネイト。  

〈年会費〉

一般企業    一口 10万円  フォーラム会員 一口  6万円


バー

バック
ホームへ戻る