トップ概 要運営委員名簿研究会規約これまでの活動経過お知らせ講演内容

第1章 総則

第1条(名称)本会は北海道航空・港湾研究会と称する。

第2条(目的)本会の目的は

  1. 北海道における空港・港湾を中心とした産業立地構想を調査・提言する。
  2. 自動車産業・航空機産業の立地について調査検討する。
  3. 新千歳空港の国際ハブ空港化、苫小牧港のグローバル拠点港湾化を推進するための調査・研究を行う。
  4. 地方空港間ネットワークによる国際空港機能の形成に関する調査研究を行う。
  5. 北極海航路開設についての調査と苫小牧の国際ゲートウェイ港湾化に関する調査研究を行う。

第3条(事業)本会は前条の目的を達成するため、次に掲げる事業を行う。

  1. 北海道における空港・港湾を中心とした産業立地に関する調査事業。
  2. 自動車産業・航空機産業の立地についての調査事業。
  3. 新千歳空港の国際ハブ空港化、苫小牧港のグローバル拠点港湾化を推進するための調査事業。
  4. 地方空港間ネットワークによる国際空港機能の形成に関する調査研究事業。
  5. 北極海航路開設についての調査と苫小牧の国際ゲートウェイ港湾化に関する調査研究事業。
  6. 上記の調査研究事業に関するセミナー・シンポジウムの開催。
  7. その他研究会の目的に関連する事業。

第4条(事務所)本会の事務所は札幌市内におく。

第2章 会員

第5条(会員)

  1. 本会の会員は個人会員、法人会員、賛助会員とする。
  2. 会員は、会の目的に賛同し、運営委員会の承認を得て入会する。

第6条(会費)

  1. 本会の会費は運営委員会で決定する。
  2. 個人会員は、年1口1万円、法人会員は、年1口3万円とする。また、特別賛助会員は年1口10万円とする。
  3. 年会費の有効期間は、入会月から1年間とする。

第3章 組織

第7条(役員)本会に次の役員をおく。

  1. 顧問    若干名
  2. 代表    1名
  3. 副代表   若干名
  4. 運営委員 若干名
  5. 事務局長 1名

第8条(職務)

  1. 代表は、本会を代表し、会務を統括する。
  2. 副代表は、代表に事故ある時には、その職務を代行する。
  3. 運営委員は、代表を補佐し、会務を分担する。
  4. 事務局長は会の事務を掌握する。

第9条(選任および解任)

  1. 役員は運営委員会によって選任される。
  2. 運営委員に相応しくない行為のあった時は、運営委員会の決議によって解任することが出来る。

第10条(任期)役員の任期は2年とする、但し再任は妨げない。任期途中で選任された役員の任期は残任期間とする。

第11条(運営委員会の決議)運営委員会の決議は役員の2分の1が出席し、出席者の3分の2以上の賛成を必要とする。

第12条(顧問等)本会に運営委員会の承認を得て、顧問・相談役等をおくことができる。

第4章 資産および会計

第13条(会計年度)本会の会計年度は、毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。

第14条(経費および支出)本会の経費および支出は、会費、寄付金、その他収入をもって当てる。

第15条(予算および決算)事務局長は運営委員会に収支予算案および前年度の決算報告書を提出し、その承認を得なければならない。

第16条(特別会計)本会に必要あるときには、運営委員会の議決を経て、特別会計を設けることができる。

第5章 付則

第17 条(その他)本会の運営はこの規約による他、運営委員会の決議によって、内部の運営についての内規、その他の申し合わせによることができる。この規約は 2008年7月30日から施行する。役員の任期は本規約第10条の規定にかかわらず、2010年3月31日までとする。

ご質問・問い合わせ
(C) Copy right 1999-2008 The Hokkaido Research Institute of Airline & Harbor.