このページは、北海道産学官研究フォーラムのイベント情報を紹介する掲示板です。
最新の情報を得るために、定期的なリロード(再読み込み)をお勧めしています。


─ 北海道産学官研究フォーラムからのお知らせ ─
【イベント関連】
防災・減災対策空間情報活用セミナーのご案内

■日時:平成27年2月19日(木)13:30~15:30
■会場:かでる2・7 510会議室
■プログラム
テーマ:最近の土砂災害を通して地理空間情報の活用を考える

13:30~14:20 
基調講演「最近の土砂災害から防災を考える」

 講師:南哲行氏(北海道大学大学院農学研究院国土保全学研究室特任教授)
14:20~14:50 
講演2「最近の地理空間情報技術の動向と防災減災」

 講師: HRS㈱執行役員 時永 洋一氏
14:50~15:20 
講演3「災害対策として~災害時緊急撮影データの活用~」

講師: ㈱シン技術コンサル 空間情報部 課長代理 齋藤  健一氏


【参加費】一般 3000円、
フォーラム・GIS会員、産学官CIM・GIS研究会、後援団体会員  2,000円
【主 催】北海道産学官研究フォーラム

後援依頼先:NPO法人Digital北海道研究会、日本写真測量学会北海道支部、GIS学会北海道支部、北海道GIS技術研究会

【ホームページ更新情報など】

■平成21年7月発行 好評発売中!
地理空間情報活用推進基本法(2007年施工)に基づく基本計画の策定を受け、産・学・官はどのように情報の活用を進めようとしているのか。地理空間情報の基本概念や技術、標準化やメタデータ・製品仕様書作成等の実務を整理するとともに、北海道を中心に自治体や企業・研究機関における活用事例を紹介する。

■「世界恐慌2008、原因とこれからの世界経済の行方」
■佐々木 隆生氏(北海道大学公共政策大学院長)

■「いままでの開発政策とこれからの北海道を考える」
■山崎 幹根氏(北海道大学公共政策大学院教授)

■「世界の航空機産業の現状と国産機製造に向けた動き」
  中橋 和博氏(東北大学大学院工学研究科航空宇宙工学専攻教授)
■「北海道における航空機産業立地に向けて」
  榊 達朗氏(川崎重工業㈱社友・
          東京都「中小型旅客機の開発促進に係る検討委員会」副座長)

■「食品トレーサビリティ・システムへの取組と普及に向けた今後の課題」
■小野 哲士氏(北海道農政事務所 消費・安全部部長)

講演内容に'05.06.20 これからの農業・食産業と情報化を考えるセミナーを追加しました。

■「人口減少社会における農業と農政とは」
■基調講演:太田原 高昭 氏(北海学園大学経済学部教授)

当研究会の山村 悦夫(北海道大学大学院地球環境科学研究科教授)代表が書き下ろした渾身の一冊、これを読めば、GISと北海道の未来が分かる。GIS・GPSに対する深い先見性と熱い想いが、近未来への新たな扉を開くきっかけになろうとしている。

講演内容に'04.01.27 次世代ポストゲノム・糖鎖工学セミナーを追加しました。

■「糖鎖工学研究と次世代ポストゲノムへのシナリオ」
■西村 紳一郎氏(北海道大学大学院理学研究科生物科学専攻教授)

講演内容に'03.07.15 農業・食産業問題セミナーを追加しました。

■「WTO農業交渉と北海道農業の行方」
■太田原 高昭氏(北海学園大学経済学部教授)

講演内容に'03.10.10 CALS/ECとGIS利活用セミナーを追加しました。

■「CALS/ECにおけるGISの活用」
■市川 伸氏((財)北海道建設技術センター 技術部長)

講演内容に'03.08.06 航空・空港問題シンポジウムを追加しました。

■「航空自由化の進展と空港大改革」
■杉浦 一機氏(航空アナリスト)

当フォーラムの新規プロジェクトです。関心をお持ちの方はぜひご連絡ください。


戻るボタン産学官のホームへ

Copy right 2001 The hokkaido research forum for I-U-G
E-mail:fuji@kirari.com